船橋、西船橋にある動物病院です   診療内容 犬、猫、フェレット、ウサギ、ハムスター。その他の動物についてはご相談ください

あいむ動物病院 西橋 あいむ動物病院 西橋 あいむ動物病院 西橋

Medical treatment Column診療Column

真夏の湿疹 ~犬のホットスポット

梅雨も明けて、夏本番。気温も連日のように35度を超えるようになってきました。人間はもちろんですが、夏でも脱ぐことのできない厚い毛皮と脂肪のコートをまとったわんこ達にとってはヒトが感じるより、遥かに過酷な季節でもあります。

ところで、犬には気温、湿度の上昇とともに増えてくる皮膚病急性湿疹があることをご存知でしょうか? それは。。。

急性湿性皮膚炎、別名ホットスポットとも呼ばれます。ワンちゃんを飼われている方なら、もしかしたら一度や二度は耳にされたこともあるかもしれません。

「ホットスポット」と聞くと、近年では、「放射線量の。。。」とか、「無線LANの。。。」という意味で使われることが多いのですが、本来は局地的に何かの値が高かったり、何らかの活動が活発な地点・場所・地域のことを指さすための用語です。

動物医療で使われる場合の「ホットスポット」はこの、急性湿性皮膚炎、化膿性外傷性皮膚炎とも呼ばれる、いわゆる急性湿疹のことを指します。ホットスポットと呼ばれる所以は、皮膚の一部のエリアに突然、外見上の激しい変化が起きるためだからでしょうか。

この場合の飼い主さんの訴えの特徴としてはあるパターンとして。。。

”朝起きたときは何ともなかったのに、昼過ぎにこんなになったんです!!!”

という、突然でびっくりした」という雰囲気を診察時によく感じるものです。

急性湿性皮膚炎はおおよそ数時間から一日以内の期間で急に発症します。皮膚病で「痒い」というよりむしろ痛みに近い症状が見られ、しきりに舐めたり地面に擦りつけたりしますので患部の損傷がより大きくなります。痛みなどの不快感が高いため飼い主さんが触ろうとしてもなかなか見せてくれないこともしばしばです。

来院時の状態は様々ですが、通常は激しく舐めるために周囲の被毛には唾液とホットスポットから出る血液滲出液(滲み出る体液)などがこびりついていることが普通です。これは皮膚が広範囲に激しく炎症をおこしていることを示しており、その上の被毛はそれに伴って根こそぎごっそりと抜けてしまうことも少なくありません。

ホットスポットの具体的な症状ははどんなものなのか?文章では分かりにくいので、まず下の4つの写真をご覧いただければと思います。

----------------------------------------------

次の写真は中年齢のゴールデンレトリバーです。半日でこの状態になりました。ホットスポット上の被毛は完全に抜けてしまっており、体液と血液が周囲の被毛を濡らしています。

DSC_5986.JPG DSC_5984.JPG

----------------------------------------------

次の写真は若いシーズーです。トリミング中の急性発症です。この間わずか数時間で、あまりに急でしたのでトリマーの方が代理で来院しました。表皮は体液で濡れており、相当掻いたようで、それに一致してホットスポットが広がっています。

DSC_6136.JPG DSC_6139.JPG

----------------------------------------------

次の写真は老齢のパピヨンです。前日の夜は何ともなかったようですが、尻尾の付け根を噛んでグルグル回るということで昼前にいらっしゃいました。写真は体液でべったりくっついていた被毛を治療のために除去したところです。

DSC_5973.JPG DSC_5972.JPG

----------------------------------------------

次の写真もパピヨンです。やはり前日には何もなかったとのことですが、急に尻尾を噛みだして出血しているということでいらっしゃいました。尻尾の周り全周に渡り血液の混ざった体液が全体に付着しています。非常に痛みが強いので、今後の尾への自己損傷が心配です。

DSC_7106.JPG DSC_7105.JPG

----------------------------------------------

ホットスポットはあらゆる犬種で見られますが、アンダーコートが密生している犬に多い傾向があり、ゴールデンレトリバー柴犬、シベリアンハスキーなどではよく見られます。発症原因は明確ではありませんが、いくつかの要因が重なり合って発症するといわれています。発症の引き金としては何らかのアレルギー、例えば食事性アレルギーノミやダニなどの外部寄生虫により発症するアレルギーや、アトピーなどが考えられています。

アレルギーなどで生じた皮膚炎の痒みなどの刺激により、舐めたり引っ掻いたりすることで皮膚損傷がさらに広がって表皮バリア機能が破たんします。すると、そこに普段から存在するブドウ球菌などの細菌が侵入、二次感染を起こして広範囲に化膿を生じます。

夏季での発生が多いこと、被毛が密に生えている犬に多く見られることから、高い気温湿度などにより表皮の代謝が変化したり、蒸れやすくなって皮膚環境が悪化することも、発症要因としては大きいと考えられます。

ホットスポットの病変にはブドウ球菌などの細菌が観察されることが頻繁にありますが、これは主原因ではなく二次感染ですので人のブドウ球菌感染で見られるような「とびひ伝染性膿痂疹)」のように、他の犬はもちろん、人には感染しませんのでご安心ください。局所では激しい炎症を生じますが、全身への波及は通常みられません。

治療は二次感染の原因となっている細菌感染のための抗生物質アレルギーを原因とする強い痛みや痒みに対する抗炎症薬副腎皮質ステロイドホルモン製剤等)の投薬を行います。病変が唾液や体液で汚れていたり、滲出液(にじみ出てくる体液)が多い場合には、毛刈りを行いホットスポット表面の清潔を保てるようにして消毒薬薬用シャンプーなどの外用薬を継続します。同時に、舐める、噛むなどの自己損傷を防ぐためにエリザベスカラーは装着したほうがいいでしょう。

経過が順調であれば、数日で次第に細菌感染炎症が軽減し、一週間弱で痂疲化(カサブタになる)して数週間程度で被毛が生えそろいます。ホットスポットはシーズンごとに繰り返すことも多く、このような場合には夏季では室温を下げたり、被毛を短く保つ、シャンプーの回数を増やすなどの生活環境の改善が必要なこともあります。
また、アレルギーの低減のために皮膚疾患に大きくかかわるノミダニなどの外部寄生虫の予防を行うことや、場合によっては食事性のアレルギーに配慮された食材に変更するということも必要かもしれません。

梅雨から夏季にかけて、動物たちを取り巻く環境は大きく変化しやすいものです。暑い夏といえば、あちこちで緊急疾患の熱中症がクローズアップされがちですが、いわゆる気象病的な体調不良から心臓病腎臓病などの内科系疾患の悪化に至るまで、夏季に生じる異常は多岐にわたります。
つまり、この時期に注意すべきものは今回取り上げたホットスポット熱中症などの分かりやすいトピック的なものばかりではないということです。夏はただ暑く、不快なだけではありません。病気を持っていたり高齢動物とともに生活している方は注意深く様子を観察してあげてください。。。

---------------------------------------------

文責:あいむ動物病院西船橋 病院長 井田 龍

診療時間

診療時間

年中無休
平日は朝8時から診療します
※年末年始・お盆は診療時間が短縮になります。
※水曜日、13時以降は手術・処置のため休診です。

047-402-3700(予約制)

※ご来院前にご予約をお願いしております。
※緊急の場合でもご来院前にご連絡ださい。

>メールでのご予約、お問い合わせについて

千葉県船橋市西船1-19-28 朝日ビル1階
無料駐車場13台
駐輪場9台併設
病院前に6台と隣接する7台の駐車スペースがあります

駐車場

あいむ動物病院 西船橋スタッフ