診療Column

毛穴に巣食う見えないダニ~毛包虫

今回のテーマは「皮膚に巣食う犬毛包虫症(犬ニキビダニ症)」のおはなしです。このダニの寄生は動物病院が扱う皮膚科領域の診療を行う上で、必ず頭の隅に置いておかなければならない原因のひとつです。特に治療が思うようにいかなかったり、何度も再発する皮膚疾患の原因に深くかかわるもので、わんちゃんや飼い主さんだけではなく、私たち獣医師にとっても悩ましい「感染症」です。
----------------------------------------------

毛包虫(Demodex spp.ニキビダニデモデックスアカラスなど様々な呼び名を持つ、私たち人間を含む哺乳類皮膚常在しているダニの一種です。マダニなどの目に見えるダニと違いその大きさは体長0.3mm前後と非常に小さいため、直接目で見ることはできません。
さらに皮膚毛包内に生息しているため、皮膚組織ごと採取して顕微鏡で詳細に観察しなくては発見することができません。下の写真はそのようにして採取された毛包虫の1例です。

DSC_1420.JPG

----------------------------------------------
よく見ると、下の3枚の写真のように毛包虫(ニキビダニ)にはその成長のステージ、左からそれぞれ虫卵、幼虫、成虫を観察することができます。たくさんの成虫が見つかったり、虫卵や若い個体が多い場合には毛包虫が盛んに増殖しているということを意味します。

IMG_1655.JPG IMG_1656.JPG IMG_1657.JPG

毛包虫(以下、ニキビダニとします。)はその名の通り、普段は毛穴の毛包の中で大人しく生活しており、その存在を感じることはありません。何らかの原因で宿主免疫力が低下してくると増殖を始め、皮膚に炎症やブツブツした発疹をおこします。こうして発生する皮膚疾患ニキビダニ症(毛包虫症;demodicosisと呼びます。ちなみに人間には人間の、犬には犬のニキビダニが寄生するため、種を越えて犬から人間やその他の動物にうつることはありません。
----------------------------------------------

人間のニキビダニは俗に「顔ダニ」とも呼ばれ、もしかしたら、それ用の洗浄剤などを使われたことのある方もいらっしゃるかもしれません。老若男女ほぼすべての人間に寄生しており、特に「鼻を中心とするTゾーン」に千葉県船橋市の人口の倍弱、数十~百万の寄生があるいわれていますので驚きです。
人のニキビダニ皮脂をエサとするため、通常は顔の皮脂量を調節し肌の調子を整えるのにも一役買っています。しかし、何らかの原因で皮脂の過剰分泌により増殖しすぎると、その多量の排せつ物が毛穴に詰まり、ニキビを悪化させる場合があります。ニキビダニという名称の由来はこういった人における特徴によるものです。

犬のニキビダニも人の状況と同じようにほとんどの個体に寄生しておりますが、通常はその存在が表に出ることはありません。何らかの原因でニキビダニを封じ込めている免疫機能に異常が生じた場合、過度に増殖して皮膚のあらゆる部位に多様な皮膚病を引き起こし、それが時に命にかかわるほど重篤なものであることさえあります。
次の写真はニキビダニ感染で見られた数年にわたる慢性再発性皮膚病の例です。

DSC_8291.JPG DSC_8292.JPG DSC_8293.JPG----------------------------------------------

同様に下の3枚はニキビダニ症の犬の皮膚病変の例を示す写真です。

IMG_1903.JPG IMG_1901.JPG IMG_1900.JPG
----------------------------------------------

ニキビダニはどこから感染するのでしょうか?まだ不明な点も多いですが、犬のニキビダニは、生後まもなく授乳期に母犬から子犬へと伝搬されます。このためほぼ全ての犬に常在しますが、犬同士での感染は極めて低いと考えられています。

また、ニキビダニはみんなが持っているはずなのに、皮膚症状が出る場合とそうでない場合があるのはなぜなのでしょうか?前述のように、ニキビダニによる皮膚病とは、寄生しているニキビダニが過剰に増殖した結果として引き起こされるものです。

その原因はさまざまですが、若齢犬と成犬ではかなり違いがあります。

まず前者は、生後18ヶ月未満の犬で発症した場合をいいます。そのほとんどがまだ免疫機能が未成熟なために起こり、成長とともに軽快することも多いです。症状も比較的軽く、四肢や背中などの局所に小さな脱毛落屑(フケ)発疹がみられます。症状の改善がみられない場合には、駆虫薬や塗り薬、殺菌効果のあるシャンプーにより治療を行います。時に全身性の毛包虫症に移行することがあり、非常に治療の難しい状態に陥ることもあります。

後者は老齢犬で多くみられることが多く、全身的な皮膚病が重症化することも少なくありません。四肢体幹部発疹が多発し、強い毛包炎から血液の混じった「牡蠣の殻のようなカサブタ」を生じ、痒みや痛みを訴えることもあります。そしてその約半数が、何らかの基礎疾患を持っています。
腫瘍、クッシング症候群甲状腺機能低下症のような内分泌疾患、その他さまざまな慢性消耗性疾患や、免疫抑制作用を持つ薬剤長期投与もまた、その発症の要因として挙げられます。
成犬のニキビダニ症は治療に時間がかかるため、駆虫薬の長期投与が必要になる場合も多く、さらに二次感染として細菌真菌(いわゆるカビ)の感染を伴うこともしばしばですから、その治療も同時に行わなくてはいけません。

ニキビダニは肉眼では発見できないため、きちんとした検査をしなければ他の皮膚病と区別がつきにくい病気です。方法はいくつかありますが、よく行われる「掻爬検査」は、皮膚の表面を鋭利なもので削り、取れたものを顕微鏡で観察します。ほかにも、病変のある部分の毛を抜き、毛の根元にダニが付着ていないかを観察する「抜毛検査」もあります。ニキビダニはおもに毛包の中に存在するため、皮膚表面だけの検査ではなかなか発見することはできません。

下の写真は皮膚掻爬検査により、虫卵、幼虫、成虫のすべての発育ステージのニキビダニが発見された顕微鏡像の例です。ちょっと気持ち悪いかもしれませんが、おびただしい数のダニ虫体がみられるのがお分かりになると思います。こういった激しいニキビダニの増殖は時に破壊的で難治性の皮膚病変をつくり出します。

IMG_1897.JPG

犬ニキビダニ症アトピー性皮膚炎食物アレルギー細菌性皮膚炎(膿皮症)と併発することも多く、皮膚病が非常に複雑化することもあります。これらの皮膚病がなかなか良くならない場合は、ニキビダニ症の関連も疑って検査をおこなう必要があるでしょう。
治療しているのになかなか治らない、再発を繰り返す膚病にお困りで、長期に薬を投薬し続けているなどの条件にあてはまる場合には、それはニキビダニ症によるものかもしれません。
----------------------------------------------

文責:あいむ動物病院西船橋 獣医師 宮田知花

とにかく痒い~マラセチア性皮膚炎

今回のテーマは、「とても痒い」マラセチア性皮膚炎についてです。以前のテーマ、「耳の痛い話~犬の耳血腫」で触れたマラセチア感染が起こす皮膚病についてです。

----------------------------------------------

マラセチアとは酵母様真菌に分類される、いわゆるカビの仲間です。現在14菌種が報告されているなかで、犬猫の皮膚病で問題になるのはMalassezia pachydermatis(マラセチア パチデルマティス) という種類です。おもに犬の病気の原因ですが、時折猫での発生も見られます。下の写真がマラセチアの顕微鏡写真です。紫色のピーナッツのように見えるのがマラセチア酵母です。

IMG_1760.JPG

マラセチア性皮膚炎ではこのカビが皮膚で増え、フケや皮脂(あぶら)を伴う赤み痒み脱毛苔癬化(皮膚の肥厚)などを引きおこします。また「あぶら」を好む性質のため、顏のシワや脇の下などの摩擦部でとくに症状が悪化しがちで再発をくりかえす、「すう壁性皮膚炎」の大きな原因となります。

マラセチアが引き起こす痒みはとても強いものです。これには2つの理由があります。まず、マラセチアは酵母の一種ですから、皮脂発酵させていろんな代謝産物(ゴミ)を排泄します。これが皮膚に対して強い刺激となること、またマラセチアの菌体そのものが強いアレルギーを引き起こすために、そこに生じる皮膚炎もまた強い痒みの原因となります。

下の写真が典型的なマラセチア性皮膚炎のわんちゃんの写真です。皮膚がベタベタしてとても痒そうなのがお判りでしょうか?

IMG_1758.JPG IMG_1759.JPG

IMG_1757.JPG

----------------------------------------------

では、そもそもどうしてマラセチアが皮膚にいるのでしょうか?

じつはこの菌は、健康な犬の皮膚や耳にもわずかながら常在して共生しており、健康な皮膚環境のもとでは特に問題を起こしません。もちろん生活環境や他の動物から感染するわけではありませんので元々もっていたものが悪さをするようになるのは、体質や病気など、背景となる基礎疾患によるものが多いのです。
マラセチア性皮膚炎アトピー性皮膚炎食物アレルギー脂漏症(いわゆるあぶら症)などの体質や、甲状腺機能低下症クッシング症候群など内分泌が関わる病気に至るまで、までさまざまな病気に関連して起こります。

基礎となる病気が治れば皮膚炎も落ちついてきますが、脂漏などの体質によるものやアトピーなど難治性の病気では、皮膚にも長期にわたるケアが必要になることも少なくありません。

ちなみに、マラセチアは健康な人間にも常在しているといわれています。人のマラセチアMalassezia furfur(マラセチア フルフル)といい、中高年のあぶらの分泌が多い男性の頭皮などで、しつこい痒みを伴うフケ症などでよく問題になります。人では「コラージュフルフル」というヒト用のフケ症用シャンプーが市販されているのをご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

”犬のマラセチアがヒトにうつりませんか?”、とよく質問を受けますが、犬で問題になるマラセチアと人間のそれでは種類が異なるため、健康な人間に犬のマラセチアが感染して悪さをすることはほとんどありません。

マラセチア性皮膚炎はあらゆる犬種で見られますが、好発犬種には、シー・ズー、コッカー・スパニエル、ビーグル、バセット・ハウンドなどが挙げられます。個人的には、キャバリア・キングチャールズ・スパニエルやミニチュア・シュナウザーなどでもよく見るように感じます。

この病気の発症、増悪因子として共通しているのは、「脂漏体質」であるということです。

「あぶら」好きなマラセチアが皮膚で炎症を引き起こすと、本来備わっている皮膚のバリア機能がくずれ、二次的にブドウ球菌などの細菌感染も起こしやすくなり、さらに症状が悪化していきます。

また、以前のコラム、「耳の痛い話~犬の耳血腫」でも登場したように、マラセチア外耳炎でもたびたび問題になります。湿度の高い夏場や「あぶら」の過剰分泌により耳道内の環境が悪くなると、急に増殖して炎症をおこすのです。
>>>「耳の痛い話~犬の耳血腫」

では、そんなマラセチアに対する治療にはどのようなものがあるでしょうか。

基本となるのは抗真菌薬による内服療法と、マラセチアに対して作用のある薬剤(ミコナゾールなどの抗真菌薬)や効果のある物質(硫黄、セレンなど)を含むような薬用シャンプー軟膏などの塗り薬などによる外用療法になります。とくにシャンプーによる日々のスキンケアは、脂漏体質がある場合には重要なポイントです。治療しはじめの頃や重度の脂漏症などでは、週に何度もシャンプーが必要になることもあります。

そんなに頻繁に?と思われるかもしれませんが、わたしたち人間は毎日お風呂に入りますよね。さらに女性は、お肌のお手入れにいろいろな化粧品を使われる方も多いと思います。犬でも同じように、日々のケアは皮膚の状態を保つのにとても大切なのです。

そしてこの病気では、マラセチアの退治とともに基礎疾患の治療が重要になります。皮膚だけの治療でなかなか完治しないときには、前述のような脂漏症などの体質に根差す問題や元となっている病気へのアプローチをしていく必要があるのです。

皮膚のトラブルにマラセチアが関与しているかどうかは、動物病院にご来院いただければセロハンテープを使ったとても簡単な皮膚検査でわかります。「あぶらっぽい皮膚病」にお悩みのときには、ぜひ一度ご相談ください。

----------------------------------------------

文責:あいむ動物病院西船橋 獣医師 宮田知花

猫の骨折整復~創外固定について

ある昼下がりの午後、いつもなら午前の診察が終わって、やや落ち着く時間ですが、突然の電話連絡が入りました。。。

それは、飼い猫が二階の屋根から転落して、「後ろ足が骨折している」というものでした。電話口からは、どうしたらいいか、どこの病院に行ったらいいのか、困って途方に暮れているということが伝わってきます。

ところが、その経緯を聞かされるや、唸ってしまいました。実はちょうど今、ある動物病院から出たところで、飼い主さんは、「もし、受け入れてくれるのであればすぐ向かいたい」、とおっしゃっています。詳しくおうかがいしてみると、どうやら猫ちゃんには鎮静がかかっており、ぐったりしている?ようです。

患者さんはそのような異例な経緯で程なくして来院されました。猫ちゃんは鎮静剤の影響か、うつろな目で沈鬱(ちんうつ)な感じです。落下による外傷の影響なのか薬物の影響なのか、もちろんどのような薬剤が使用されているのか知る由もありません。

飼い主さんは不安の中、獣医師から提案された詳細な血液検査、さらに鎮静までかけて行ったレントゲンなどの検査後に当然、治療の説明と、何らかの処置があると思っていたことでしょう。しかし、それらは行われず、引き継いでもらえるわけでもなく、「骨折の手術はできないから他の病院へ。」と、鎮静状態の猫を返されて途方に暮れてしまっていたそうです。

----------------------------------------------

話がだいぶそれてしまいましたが本題に入ります。

以下は、不幸にも二階から転落、骨折してしまった猫ちゃんの治療に「創外固定法」を用いたお話です。以前のコラム「5階から転落 ~脛骨の開放骨折」とやや重複するところもありますが、最後までお読みいただければ幸いです。。。

早速ですが、下写真が当院で撮影をやり直した骨折レントゲン写真です。右写真が「スネの骨」側面から、左が正面像です。「くるぶし」のちょっと上に斜めに大きくずれた骨折が見られます。(黄色丸の中)

骨折脛骨(スネの骨)の骨折とそのお隣の細い骨、腓骨の(骨が外に出ていない)単純骨折です。通常、腓骨脛骨とともに折れますから、以下、まとめて脛骨骨折とします。

骨折の分類としてはに対して斜めに骨折線が走る、斜骨折と言います。また、骨折部位が骨の端にあるため、部位的には「遠位端骨折」といいます。遠位端斜骨折は整復の難しい骨折のひとつです。

1484_7985_20150114101401.0.jpg 1484_7983_20150114100623.0.jpg

低層階からの転落で、骨折以外に大きな外傷もなく、鎮静剤の影響から程なく脱した猫ちゃんでしたが、特に問題ない様子でしたので、その後に整復手術を実施いたしました。

下の方にある手術時の写真をご覧になって、なんだか痛々しそうな少々大げさな感じを受けた方は多いのではないかと思いますが、こういった骨折整復方法を「創外固定法」と呼びます。読んで字のごとく「傷の外で固定する方法」です。この方法はに本来かかる様々な「力」を、骨を貫通する金属ピンを通じて周囲の金属ロッド(写真で棒のように見えるもの)や、レジン(硬化するプラスチックや合成樹脂等)で受けて、内部の骨折を外部で固定、安定化させる骨折整復法のひとつです。

骨折の手術は普通、骨折部位を直接見ながら骨を金属プレートなどのインプラントスクリュー固定させるような内固定のイメージが大きいのではないかと思います。創外固定骨折部分露出せず(非開創)に行うことが多く、骨折部位に隣接する健全なに金属のピンを皮膚の外側から刺入していきます。この作業には血管神経を避けつつ、最も効果的な場所に充分な固定を発揮する数のピンを刺入する必要があります。

厚い筋肉に覆われて観察できないの限られた安全なエリアに、一本づつ、整形外科用ドリルで穴を穿ちます。それぞれの穴に、たくさんの種類のピンから必要なものを選んで正確な場所に狙った角度で確実に刺していく作業は失敗が許されません。とても神経を使う作業です。。。左下の写真が実際に使用するピンの写真です。創外固定用のピンはに食い込んで抜けにくいように、ネジ山が外側に切ってある形状が特徴です。ちょっと痛そうですね。。。

の安定な固定のための強度を確保できる充分なピン数を刺入した後に、ピン同士を結合する、右下の写真のような金属製クランプとそれを固定する棒状の金属製ロッドや樹脂製レジンなどを用いての位置関係を徐々に調節していきます。

DSC_6968.JPG DSC_6980.JPG

骨折は時間が経過すると、周囲の筋肉の力関係によって、骨折端どうしが大きくずれてしまい、元に戻らなくなっていることが多いものです。これを少しでも正常な位置に近づけるために幾度もレントゲン画像で確認をしつつ、「骨の回転」や「角度」、「引っ張り具合」などをステップ・バイ・ステップで固定具合を強めたり緩めたりと繰り返し、調節して整復を行っていきます。ピンを穿つ作業はとても「繊細な作業」ですが、この整復に関わる作業にはプラス「結構な忍耐力」が必要です。

左下の写真は骨折整復手術の開始から2時間超、骨折端の位置決めが終わって、手術もそろそろ佳境に差し掛かった時点での写真です。右がそれに対応したレントゲン写真、レジンでの補強後の最終的な写真です。骨折直後の写真と比べてると、大きくずれていた骨折部位がほぼ戻っているのがおわかりになるでしょうか?

DSC_4488.JPG 1484_9026_20150602134757.0 (2).jpg

下は手術後の側面からのレントゲン写真です。しっかり固定できましたので、この後はの癒合を待つだけです。運動制限はありますが、創外固定の器具が健康なの代役を担ってくれますから、猫ちゃんは手術後には自由に動き回ることができます。

1484_9023_20150602134004.0.jpg

下の写真が手術後3か月目のものです。補強のためのレジンピンの約半数を除去した後の写真です。だいぶ身軽になったせいでしょうか、持ち前のファイターぶりにさらに拍車がかかってしまい、包帯の交換やら注射などの処置はかなり大変になりましたが、ご家庭では活発に3次元に動き回っているようです。ここまで来ればもう大丈夫でしょうか。。。一か月程度ですべての固定を除去します。

DSC_6413.JPG

左下写真が、上写真の状態でのレントゲン写真です。なお、右下は手術後半年のものです。

1484_9328_20150707134337.0.jpg 1484_9901_20150912111055.0.jpg

完全に固定を除去した手術半年後の写真です。もう骨折があったことなど分からないくらいの強い骨が再生されています。右上の写真はそのレントゲン写真です。

DSC_6978.JPG

飼い主さんも猫ちゃんも長い間、どうも長い間、お疲れ様でした。。。とりあえず一件落着です。下の写真は治癒まで猫ちゃんを支えてくれた器具たちです。

DSC_6450.JPG

----------------------------------------------

最後に、「創外固定法」のメリット、デメリットについてまとめてみたいと思います。

まず、骨折部位を露出しないため、傷が小さく体に負担の少ない手術です。これは同時に、手術によって骨の治癒の仕組みが破壊されず、骨膜骨折周囲に生じる治癒を促進する環境が維持されることを意味します。つまり治癒までの期間が短く、さらに「強い骨」の再生が期待できます。

皮膚の外側で3次元的な固定が可能ですから、整復と固定の自由度が高く、骨が外に出てしまう開放骨折やいくつもの断片に分かれる粉砕骨折、今回のような関節付近の遠位端骨折などの「難しい骨折」にも対応が可能です。特に開放骨折に対してはほぼ唯一の選択肢といっていいでしょう。

プレートスクリューなどのインプラントによる内固定を行った場合、特に小型犬では骨折治癒後にインプラントを除去できるか否かの葛藤の問題が生じます。また、除去するにしてもそのためにもう一度手術を受けなければなりません。創外固定の場合は、健全で強い骨が再生するためにそういった心配がありません。

それでは、「創外固定法」のデメリットは?

皮膚からピンが露出しており、それらにつながるクランプ、ロッドレジンなどの固定装置が仰々しく外見が悪い?という印象を受けるかもしれません。骨を固定しているピンが露出している、ということは同時に皮膚もしくは内部の組織への感染が起こりやすいということでもあります。また外部に固定装置があるために、放し飼いや野良猫などには様々な危険性があるため行うことができません。

「見えない骨」に対して、安定で確実なピンを入れるという手術感覚を得るのが難しく、また「見えない」ために危険ゾーンを把握せずに実施すると重要な血管神経を損傷する危険があります。手術にはそれなりの技術と経験が必要とされるため、簡便に実施しにくいということがあるかもしれません。

----------------------------------------------

下の写真はおまけの画像ですが、様々な素材(右からカーボンチタンステンレス)のロッドピンロッドを結合するクランプの写真です。なにやら艶やかでとても美しい、「機能美」を感じられませんでしょうか?
DSC_6965.JPG DSC_6973.JPG

----------------------------------------------

文責:あいむ動物病院西船橋 病院長 井田 龍

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

診療時間

診療時間

年中無休
平日は朝8時から診療します
※年末年始・お盆は診療時間が短縮になります。
※水曜日、13時以降は手術・処置のため休診です。

047-402-3700(予約制)

※ご来院前にご予約をお願いしております。
※緊急の場合でもご来院前にご連絡ださい。

>メールでのご予約、お問い合わせについて

千葉県船橋市西船1-19-28 朝日ビル1階
無料駐車場13台
駐輪場9台併設
病院前に6台と隣接する7台の駐車スペースがあります

駐車場

あいむ動物病院 西船橋フェイスブック

あいむ動物病院 西船橋スタッフ

過去のブログ