船橋、西船橋にある動物病院です   診療内容 犬、猫、フェレット、ウサギ、ハムスター。その他の動物についてはご相談ください

あいむ動物病院 西橋 あいむ動物病院 西橋 あいむ動物病院 西橋

AIM BlogあいむBlog

縫合糸を残さない血管シーリング

当院では血管シーリング機能を持つ高周波手術装置を導入しています。
(SHAPPER ai:MERA、泉工医科工業)

b01_3_p09[1].jpg DSC_2119.JPG

高周波手術装置(以下、電気メス)とは電気の力によって止血凝固を行う手術機器です。手術室ではごくありふれた装置ではありますが、安全で確実な手術を行うためには医療現場になくてはならないものです。

従来の電気メスは単に”血を止める”という単機能のものが主流でしたが、最近の上位機種では様々な止血凝固のための付加機能が組み込まれており、手術用ワークステーションとして発展してきております。

当院に導入済みの電気メス装置は、より安全確実手術を行う上で電気メスとしての機能の充実だけではなく、さらに重要な血管シーリング機能血管を電気的に圧着して糸を使わずに血管処理をする機能)を持っております。

従来の電気メスでは到底不可能な直径7mmまでの太い血管縫合糸を使わずに素早く安全に止血、切断処理することができます。この直径は犬猫のほとんどの血管サイズをカバーすることができるものです。こういったシーリング機能を用いることで、短時間で確実な手技が求められる不妊・去勢手術をはじめとして、頻繁な血管の処理を要求される難易度の高いあらゆる手術の時間短縮が可能です。

血管シーリングデバイスによる手術時間の短縮という意味では、たくさんの血管処理が必要な手術であればあるほどその効果は大きく、そうした手術のひとつと考えらえれる脾臓摘出手術時間をシーリングを効果的に用いることでおおよそ半減することができます。

こういった手術時間の短縮は安全な手術のためにはなくてはならないことです。さらに一つ一つの血管処理の正確性を上げることで、手術をより確実なものとして、さらに合併症の低減をするなど総合的に質の高いオペレーションが可能となります。

----------------------------------------------

biclamp5[1].jpg

血管シーリングを用いた外科手術は確実な血管止血処理が行えるという利点以外に、もう一つの”糸を体内に残さない”という非常に大きなメリットを持っております。近年問題になっているダックスフントなどの特定犬種において、体内に残した縫合糸が原因となる「縫合糸反応性肉芽腫(にくげしゅ)」などの、手術後に起こる非常に治療の難しい特殊な炎症性の病気の発症を予防する効果が期待できます。

当院で実施する犬猫の不妊、去勢手術は全例でこの血管シーリングシステムを用いております。詳細に関しては獣医師までお尋ねください。

受付時間

受付時間

年中無休
平日は朝8時から診療します
※年末年始・お盆は診療時間が短縮になります。
※水曜日、13時以降は手術・処置のため休診です。

047-402-3700(予約制)

※ご来院前にご予約をお願いしております。
※緊急の場合でもご来院前にご連絡ださい。

>メールでのご予約、お問い合わせについて

千葉県船橋市西船1-19-28 朝日ビル1階
無料駐車場14台
駐輪場9台併設
病院前に6台と隣接する8台の駐車スペースがあります

駐車場

あいむ動物病院 西船橋スタッフ

過去のブログ