船橋、西船橋にある動物病院です   診療内容 犬、猫、フェレット、ウサギ、ハムスター。その他の動物についてはご相談ください

あいむ動物病院 西橋 あいむ動物病院 西橋 あいむ動物病院 西橋

AIM BlogあいむBlog

新しい命が誕生しました

飼い主さんも気づかずに妊娠、突然の破水で緊急来院しました。胎児数は1頭で妊娠期間を大幅に過ぎているようです。胎児はお母さんの子宮内であまりに大きくなりすぎて、骨盤に引っかかってもはや産道から出ることができません。下のレントゲン写真で、お腹の大きさぎりぎりまで大きくなった胎児が確認できます。

1229_6141_20140403103523.0.jpg

来院前に破水がすでに起きてしまっていたようで、胎児の生命に危険が迫っていました。さらに、このままでは胎児の死亡によって母体にも危険が及びます。このため、胎児を救出するために緊急で帝王切開を実施いたしました。

DSC_1416.JPG DSC_1419.JPG DSC_1418.JPG

手術によって生まれた赤ちゃんです。兄弟がいなくて少々寂しいですが、お母さんの愛情とミルクを独り占めですね。

スタッフ一同、無事に大きくなれることを願っております。。。

当院では帝王切開の際の全身麻酔に硬膜外麻酔(下半身麻酔)を必要に応じて併用しております。硬膜外麻酔は全身麻酔薬の量を少なくすることができるため、全身麻酔単独でしばしば起こる胎児の呼吸停止のリスクを低下させることができます。娩出後の胎児の呼吸停止は胎児死亡の原因となりますので、これを回避することによって胎児の生存率を大きく高めることができます。

獣医師が新たに加わりました

常勤獣医師2名が加わりました。

study_nurse.png

〇獣医師(常勤) 中山 光弘(なかやま みつひろ)

 東京農工大学農学部獣医学科 獣医薬理学研究卒業

DSC_1344.JPG

 ひとこと:飼い主様とのコミュニケーションを怠らず、大切なパートナーの健康と安心をサポートしていきたいと思っております。よろしくお願い申し上げます。

 

〇獣医師(常勤) 荒川 篤尭(あらかわ あつたか)

 北里大学獣医学部獣医学科 小動物第1外科学研究室卒業

DSC_1345.JPG

ひとこと:常に丁寧な仕事を心がけ、飼い主様の満足度の向上とワンちゃん、ネコちゃんの健康増進のお役に立てるように精いっぱい努力していきます。よろしくお願い申し上げます。

駐車場が10台になりました

~病院西側、砂利駐車場のご案内です。~

当院は国道14号線に面しておりますので、病院前駐車場の出入りがし難い時間帯が混雑具合により生じます。病院前駐車場以外に隣接の西船橋駅側の砂利駐車場に5台分(入って左側に3台、右側に2台)のスペースを確保しておりますので是非ご利用ください。

↓ 国道14号から入って、左奥から3台分

DSC_1256.JPG DSC_1259.JPG

↓ 右奥の1台分

DSC_1256.JPG DSC_1261.JPG

↓ 右手前から3つ目、1台分

DSC_1256.JPG DSC_1263.JPG

抗生物質「コンベニア」について

第1回目、「金環食」、2回目、「金星の太陽面通過」と、動物病院ブログとしては開始当初から大きく逸脱しておりましたが、3回目にしてようやく本来の正常運転に戻させていただきます。
今回は優れた特徴を持つ抗生物質「コンベニア注」にまつわる話題です。

----------------------------------------------

「抗生物質」と聞いて何を思い浮かべますでしょうか?

抗生物質細菌などの微生物に原因する感染症を治療する薬のことです。数多くの医療用医薬品の中でも非常になじみのある薬ではないでしょうか。お医者さんに行ったときに、じゃあ、抗生物質を出しときますから。。。と言われると何かそれでよくなったような?、安心感を感じる方もいらっしゃることと思います。

実は人間の医療にも劣らず、むしろ抗生物質動物医療に対して切っても切れないほどの大きな役割を果たしております。犬猫などを対象とする動物医療はその衛生環境や、体表のケガや損傷の多さから細菌感染が多く見受けられます。
このため、抗生物質はその是非はともかく、人間の医療よりも頻度が高いものと思われます。

抗生物質は体内に入った後に微生物をやっつけるという作用を発揮するわけですが、そのためには体の中で「微生物を殺すだけの濃度」をクリアして、それを保つということを何日も継続する必要があるわけです。

つまり、抗生物質は一回飲めばいいような魔法の薬などではなく、他の種類の薬と同様に指示通りに継続しなければ意味のない薬剤になってしまうということです。

実はこうしたことを飲み薬で達成するのは意外に難しいことです。病院抗生物質が出たんだけど、「ついつい飲み忘れてしまった」というのは人間でも多くありますし、「嫌がって飲ませられない」、「飲んだ後に上手に吐いてしまう」などという問題は動物では多く見受けられます。

medicine_capsule_set.png

----------------------------------------------

前置きが長くなりましたが、今回は抗生物質の継続的な投与の難しさを解消する、ちょっと変わった抗生物質「コンベニア」のご紹介をしたいと思います。この薬は2007年にかの有名な製薬会社、ファイザーから発売されて以来、そのユニークな特徴において「薬を飲ませられない」という動物医療に特有の強いニーズを解決いたしました。

開発が難しいためか、その後に後発薬品が出ないため、発売後何年も経過した現在でも細菌感染症におけるオンリーワンの座を守り続けている画期的な治療薬であり、動物病院にはなくてはならない薬の一つとなっております。(現在、コンベニアの販売はファイザーからゾエティスジャパンに移管しております。

「コンベニア」についてのメーカー情報はこちらをクリックしてください。

convenia_img[1].jpgconvenia_ttl[1].gif

----------------------------------------------

「コンベニア」の主成分はセフォベシンという薬剤です。この薬剤はセファロスポリン系というごくありふれた抗生物質の種類に属し、人の医療でもこの系統の数多くの世代、多種類の薬物が使用されております。特にこのセフォベシンという抗生物質だけがその他に比べて特別によく効くというものではありません。

では、このコンベニアの何がユニークなのでしょうか?それはこの薬剤の体内への残留時間が極めて長いことです。注射により一回投与すれば、その後2週間にわたって効果を持ち続け、その間、毎日同種の抗生物質を服用したのと同等または、それ以上の効果がみられるということなのです。

「患者さんは薬を本当に飲んでいるのだろうか?」ということを人の医療用語で服薬コンプライアンス(最近では服薬アドヒアランスというそうです。。。)が云々といいます。コンプライアンス?って、カタカナ英語の氾濫の実例みたいな用語は横に置いて、病院でもらった薬を飲まないというのは治療上の問題だけではなく、医療費の無駄という意味でも大きな問題を引き起こします。人では自覚症状のない慢性疾患では指示どうりの服薬が約50%以下であるという惨憺たる報告があります。つまりこういった状況をコンプライアンスが低い、といいます。

動物医療ではしっかりした統計はないのですが、このコンプライアンスを下げる要因に動物側の「薬を飲ませられない」、というものが大きく関係しています。動物病院を受診する熱心な飼い主さん達を見ると服薬をさせるという動機はやや強い傾向はありそうですが、どうしても薬を飲ませにくいとか飲まないというのは避けがたい現実ですから、実際のところは何とも言えません。。。

ちょっと横道に逸れましたが、この薬を飲ませられないけどなんとかならないか?というニーズに真正面から答えたのがこのコンベニアであると思います。そういった服薬に関して一筋縄ではいかない動物を飼っていらっしゃる方には朗報なのは間違いありません。

発売当初は皮膚の主にブドウ球菌を中心とする細菌性皮膚感染症が適応でしたが、最近では細菌性膀胱炎や猫の口内炎などに適用が広がりつつあります。

投薬の時間に繰り広げられる動物たちとの駆け引きやバトルにお疲れの方、どうしても苦い抗生物質の投薬が難しい、という方は一度ご相談いただければと思います。

----------------------------------------------

DSC_7828.JPGnurse_nocap.png

 

金星の太陽面通過

今回は、金星の太陽面通過についての話題です。前回に引き続きまたまた動物病院とは全くかぶらないテーマです。。。スミマセン

2012年は5月、6月と連続して太陽にまつわる大きな天文現象が二つありました。ひとつが前回5月の金環食、そしてその約1か月後の2012年6月6日、ニュースネタとしては前回の日食よりかなり地味な扱いではありますが、実は皆既日食よりもかなり稀な「金星の太陽面通過」(venus transitがありました。

備忘録としてブログにでも書いておこうと思いたちましたが、スタッフからは、”院長!、変なブログ書いてないでちゃんと仕事してください!”という声が聞こえるような聞こえないような。。。

----------------------------------------------

金星の太陽面通過と言われても普通はあまりピンと来ないと思います。金星による「小さな日食」といえばなんとなくお分かりになるでしょうか?5月に見られた金環日食は視直径の大きな月にによってほぼ100%太陽が隠されましたが、小さい金星は太陽の3%くらいですから太陽の明るさはほぼ変わりません。
とても地味な現象ですが世界的に数年に一度起こる日食よりもはるかに少ない頻度でしか起こりません。どのくらい稀かというと。。。

まず2004年6月8日、日本では130年ぶり、世界的にも122年ぶりに、金星が太陽面を横切る現象がありました
それから8年が経ち、再び2012年6月6日に21世紀では最後の「金星の太陽面通過」を迎えました。現在、生存しているほぼ全ての人類にとって人生最後のチャンスです。次回は105年後、2117年12月11日まで起こりません。実に地味な現象ですが、まさに世紀の天文ショーといえるのではないでしょうか。

詳しくは国立天文台のサイトをご覧いただくといいかもしれません。http://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/20120606-venus-tr/index.html

実は8年前に起きた金星の太陽面通過では千葉県船橋市はあいにくの厚い曇り空に阻まれ、観察することがかないませんでした。というわけで、今回を逃すと40過ぎの私には次の太陽面通過を見るためには、少なくとも御年148歳までなんとしても生存していなくてはいけません。
これは金さん銀さんもビックリ(古い!)、100%ないでしょうから、死ぬまでに一度だけ何としてでも見なくては。。。というわけです。早速先月の金環日食で使った機材を引っ張り出してきました。

----------------------------------------------

ここで少々横道に逸れますが、太陽を直接見るという行為は目にとってかなりの危険を伴います。虫眼鏡のレンズで紙に太陽の光を集めれば炎が上がりますから当然のことですので、適切なフィルターで減光をしないと網膜に重大な損傷を引き起こす恐れがあります。
網膜は成人でわずか0.25mm前後の薄さですし、その損傷は修復がききませんのでくれぐれもご注意くださいね。

安全な減光には写真のようなNDフィルターというものを用います。下写真のフィルターはND100000ですから、1/100000まで減光できるものです。殆ど黒いガラスで透かしても何も見えません。そんなレベルです。

Human_eye_cross-sectional_view_grayscale.pngDSC_2151 (2).JPG

----------------------------------------------

さて当日の朝は、遠足に行く小学生のように、ワクワクしていつもより早く目覚めましたが、先月の金環食と同じ、起床時にはあいにくの曇り空!、空は明るいのですが残念ながら太陽は見えません。ちょっと早く家を出て、職場までの道のりを愛用の一眼レフと三脚、2キロ以上ある重い500mmの望遠レンズとともに、”出勤”しました。何やら特ダネの取材に向かうカメラマンのようです。

出勤?。。。そうなんです、前回の金環日食はたまたま月曜日の休みでしたが、今回は水曜日。週休1日のしがない自営業の身ですから、この日に特別に休みというわけにはいきません。患者さんの予約もいつも通りですし、やらなきゃいけない手術の予定もあります。というわけで重い機材と一緒に通勤風景を見ながら病院に向かいました。。。

ところで、今回の金星の太陽面通過ですが、朝7時過ぎから昼過ぎの2時前まで長時間にわたって続きます。職場には7時半くらいに到着しましたから、雲の向こうではもう始まっているはずです。うまく観察できれば下の図のようになるはず!(国立天文台のサイトより引用)

vt2012.jpg

病院に到着して空を見ると、なんだかさらに雲が厚くなって風も出てきました。。そしてなんとついに小雨が降り始めました。えええっだめかな?。。。天気予報は曇り時々晴れだったのにー。。。8年前と同じ。。。orz

「このがっかり感は半端ありません。」

これを逃せば100年以上待たねばならないとか、人生でこれほどの長い時間軸でがっかりさせられることって、そうそうないんじゃないんでしょうか。。。まあ、落胆していてもどうにもなりませんから、とにかくいつものように仕事をはじめましたが、時々刻々変わる天気がとっても気になって仕方がありません。

結局、正午に午前の診療が終わり、雨はなんとか止みましたが今だに太陽は出ません。無情にも曇ったままです。休みであれば晴れ間を探してひた走ることができるのですが。。。今回は、観測場所を変えるわけにはいきません。半ばあきらめのムードに抗って、まだまだ後2時間あると言い聞かせ、急いで昼飯を終了。外のベンチでひたすら空を見上げます。

先月の金環食と違って、世間的にはかなりのマイナー現象ですから、たくさんの人が空を見上げるわけじゃありません。まあ人口の0.1%くらい物好きがいればいいくらいでしょうか?世間様はこんな現象に気を止めるわけもなく、淡々と日本経済は動きます。

そんな状況ですから周りから見ると実に怪しい人間です。白衣を羽織ったオジサンが暇そうに口をぽかんと開けて、ぼーっと空を見上げている。。。何人かの通行人の方が怪訝そうにこっちを見ているようないないような視線を感じます。

まあ、とにかく今日は人目は気にしない日です。

----------------------------------------------

待つこと数時間、お昼を過ぎてついに午後1時を過ぎてしまいました。人生を賭けた?この世紀の天体ショーの観察も、なんと!あと1時間ちょっとで終わりというところです。。。

半ばあきらめていたのですが、今更後には引けません。幸いにも上空の風が強く、分厚い雲でさえ、右から左へとどんどん流れていくため、そのうち雲の切れ間からわずかな時間ですが、太陽は見えませんが薄日が差し込むようになってきました。
今までの落胆はどこへやら、もしかしたらいけるかも。一転気持ちが高ぶります。。。

カメラのファインダーを必死に覗いていると、突然、太陽の輪郭が見えるくらいの厚さの雲が途切れる一瞬の数秒の間、おおおー、見えました!!!観測用フィルター越しに太陽面に浮かび上がる漆黒の小さな黒い球が。。。金星!最初は目を疑いました。

金星といえば宵の明星、キラキラ明るく派手な星ですが、明るい太陽をバックに真っ黒に見えています。それもまん丸!!!(金星は地球より内側を公転する内惑星ですから満月のような丸い姿を見ることは通常は不可能なのです。)

”おー、スゲー!”、と一人でガッツポーズ。これまた怪しい光景。。。もはや人目は気にしません。

厚い雲がどんどん流れてきて太陽を隠してしまうので、シャッターチャンスはあまりありませんでした。とにかくシャッター切れる間はずっと撮影して、一番最初に撮れた画像が1時過ぎの下の画像です。
真ん中の白い大きな円が太陽、金星は太陽の「3時ちょっと過ぎ」の位置の小さい「●」です。太陽の表面にはそばかすのようないくつかの活発な黒点が見えています。

DSC_2484 (2).jpg

1時26分、だんだん金星が太陽の輪郭に近づいていきます。
DSC_2520.jpg

1時28分、もう少し。。。

DSC_2529 (3).jpg

1時30分、ついに感動のクライマックス第3接触
(金星と太陽の内と外が接触すること)

DSC_2534 (2).jpg

太陽の縁に金星が接触する際には、金星が「黒いしずく」、のようにしばらく太陽の輪郭部にしばらく留まったように見える「ブラックドロップ」と言われる現象を見ることができるとされていました。
ところが、140年弱経って、その次に起きた前回の太陽面通過の際には、この現象は単なる光学機械によるもの(レンズの加工精度の問題?)で、当時の観測装置が今のものと比べて随分と貧相だったからという結論になったようです。つまり、金星の太陽面通過という自然現象があまりに稀なので、その発生間隔で人類の持つ基本的なテクノロジーさえも変化してしまったというところでしょうか。

今回の太陽面通過はNASAによって人工衛星による詳しい観察もされました。次回の100年以上先の世界では、いったいどういうかたちで観察されるのでしょうか?もしかしたら、「太陽面通過を見にちょっくら宇宙に行ってくるよ」的なツアーができているかもしれません。ただしその時まで、平穏無事に今の世界や文明が健全に存在できていればの話ですが。。。

とかく日常の些末なこと追われがちな我々ですが、こんな身近に起きて誰も気にしないような現象の中に、自然の悠久さの一端を感じることができる、という一例でしょうか。そんな瞬間に偶然にも立ち会うことができて、ドキドキハラハラも含めて感無量の一日でした。

さて、コラムをお読みなった方はいかがお考えになるでしょうか?

----------------------------------------------

文責:あいむ動物病院西船橋 病院長 井田 龍

金環食(金環日食)

あいむ動物病院のブログへようこそ!

ホームページのリニューアルに伴い、新しいスタッフの紹介や、病院設備、その他日常の徒然なるできごとをざっくばらんに取り上げ、「あいむ動物病院ブログ」を不定期に書いていこうかと思います。
なお、病院長はじめ獣医師による「診療コラム」も、不定期に更新してまいりますので興味のある方は是非ご覧になってください。こちらは病気や診療にまつわるテーマを中心に取り上げていたいと思っております。

----------------------------------------------

記念すべき第一回は訳あって、大変申し訳ございませんが。。。まったく動物病院とは関係のない話題です。これはタイミングよく、ホームページのリニューアルとこのブログの体裁をデザインしてもらっている最中でしたが、ある一大自然現象が起きたためです。
日本全国で金環食(金環日食、annular eclipse)が太平洋側を中心に全国で見られたというニュースを覚えていらっしゃるでしょうか?そうです。第一回目のブログはその「金環食」についてです。嗚呼、なんという無関係なテーマでしょう。

ほとんどの方にとっては、「まあそんなこともあったよね。」というところでしょうが、実際に見たよ、という方も全国民の5%くらい?このブログをお読みになった方は実際にご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。

天文現象というのはおしなべて地味でマイナーな現象です。世の中の人々はそれが起きた後にニュースなどで、”へぇーっ”とさらっと流す程度ではないでしょうか。実生活には何の関係もありませんから、そんなことにいちいち興味を持っている方が少数派で、そんなこととは無関係に日本経済は動きます。

----------------------------------------------

余談ですが、私はこういった天文現象がとても好きなのです。いてもたってもいられません。きっかけは小学生の時に太陽が6割ほど欠ける大きな「部分日食」を父親が買ってくれた望遠鏡で見たことでした。普段眩しくてまん丸な太陽が刻々と欠けるという現象が目に焼き付いて、子供心ながら人生観が変わるほどの衝撃を受けました。(まだろくに人生を歩んでいませんでしたが。。。)

実は今回の金環日食は小学生のころから、35年後の大人になったら絶対に見てやると楽しみに待ち続けていたものです。
私は幼少のころには天文台に勤めるというのが将来の夢でした。進路選択の紆余曲折で今は獣医などという仕事をやっておりますので、天文学を生業にするというのはかないませんでしたが、心に温めておいた「金環食を見る」という子供のころに立てた些細な目標がかなったという、まあそんな達成感がこのブログを書くきっかけになりました。

----------------------------------------------

2012年5月21日に全国的に金環日食が観察されました。

日食自体は地球規模では数年に一度の頻度で起こっており、それほど珍しいものではありません。ところが、国内での金環日食というくくりで見てみると、前回の沖縄で見られて以来の25年ぶりのできことです。さらに、地域を関東地方に限定すると173年ぶり、さらに日本総人口に匹敵する人数の住む生活圏内で「金環日食」がこれほどまでに広範囲で見られるのは西暦1080年の「平安時代」以来、なんと932年ぶりの稀有な出来事だそうです。
今回の中心食帯は日本列島を鹿児島県~福島県まで縦断しますから、3大都市圏を含み日本経済を支えてきた「太平洋ベルト地帯」に一致します。凄い偶然ですね。

ご参考までに今回の金環食の概要や日食の詳しい仕組みなどは国立天文台のサイトをご覧なってください。http://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/20120521/

金環日食の見られた地域は下図の通りです。斜めに横切っている灰色の帯が「中心食帯」という金環食を見ることができるエリアです。また、中央の赤いラインが「中心食線」といい、その上では食の最大で、真円の美しい太陽のリングを観察することができます。
当院は千葉県船橋市、まさにこの中心食線上ですので期待は限りなく膨らみます。なんという幸運、おまけに私の週一回の貴重な月曜休みに合わせて起こるというおまけ付き。後はお天気の神様次第というところでしょうか。。。

map-japan-no-text[1].jpg

----------------------------------------------

5月21日月曜日、当日は心配になって丑三つ時、朝2時?過ぎに起きました。まだ薄暮前の夜空は曇って星が見えていない。。。どうやらお天気の神様にはそっぽを向かれてしまったようです。前日の天気予報では千葉県北西部は午前中は曇り時々晴れということで心配はしていましたが、 厚い雲が垂れ込めているのを目の当たりにすると。うーん、困りました。数時間以内にどうするか決めなければいけません。

当日の局地天気予報では千葉県はどうもダメなようです。急いで晴れ間の可能性のある地域を探します。どうも埼玉から北関東にかけて可能性がありそうです。善は急げと自宅での観察の予定を急きょ変更して車に機材を詰め込みました。

とにかく北西に行ってみよう。。。

空を気にしながら、外環道を関越道方面へ走ります。途中、三郷JCTを過ぎたあたりで明るくなりましたがまだ太陽は出てきません。自宅を出てから1時間ほど運転して、荒川を超えて和光市に入ったあたりで雲が切れ始め、日の出を迎えました。低いところには厚い雲がかかっていますがその上に出てきました。自宅のある千葉県方面は残念ですがその厚い雲の下のようです。

外環道を降りて利根川沿いにさいたま市方面へ走り、富士見市あたり?の荒川河川敷の南東方向が開けている場所を見つけ、そこで金環食を待つことになりました。移動距離はおよそ50km少々です。夜明け前から慌てて移動しましたから、ちょっとした眠気が襲ってきます。。。

空には時折厚い雲が流れてきますが、太陽の見える方向には大きく晴れ間がのぞいています。このまま晴れればいいんですが。。。

----------------------------------------------

ここで少々横道に逸れますが、太陽を直接見るという行為は目にとってかなりの危険を伴います。虫眼鏡のレンズで紙に太陽の光を集めれば炎が上がりますから当然のことですので、適切なフィルターで減光をしないと網膜に重大な損傷を引き起こす恐れがあります。
網膜は成人でわずか0.25mm前後の薄さですし、その損傷は修復がききませんのでくれぐれもご注意ください。

安全な減光には写真のようなNDフィルターというものを用います。下写真のフィルターはND100000ですから、1/100000まで減光できるものです。殆ど黒いガラスで透かしても何も見えません。そんなレベルです。

Human_eye_cross-sectional_view_grayscale.pngDSC_2151 (2).JPG

----------------------------------------------

日食の始まりというのは特に周囲には何の変化もありません。実に淡々と進みます。注意深く気にしていなければ、太陽が半分以上欠けても、明るさの変化に気づく人はほとんどいないのではないでしょうか。河川を渡る電車や車、人々、遠方にはいつもと同じ、慌ただしそうな朝の風景がありました。(実に勿体無い。。。)

下の写真はだいたい10分単位の日食の変化です。おそらく想像するより早い変化ではないでしょうか。太陽が欠け始めて観測用のフィルター越しでは次第に太陽がまぶしい三日月のように細くなってゆきます。

DSC_2160.JPGDSC_2167.JPG

DSC_2176.JPGDSC_2180.JPG

河川敷は平日の朝ということもあり、周囲には全く人影がありません。賑やかな鳥の鳴き声や虫の音だけが心地よく響いていました。だいたい8割くらい太陽が欠けてくると、周囲がちょっと暗くなるというか、明るいのですが景色が色を失っていくように見え始め、なにやら不思議な感じです。心なしか風も冷たく感じるようになりました。

DSC_2188.JPGDSC_2198.JPG

太陽の弧は三日月よりもずっと細くなって見たこともないような形になりました。

気づくと、周りには次第にある変化が起こりはじめました。「太陽は頭上にあり空は青いのですが暗い」、夕焼けなく日が暮れるような感じで何か不思議で異様な雰囲気です。足元に目をやると自分のものだけでなく、落とした影の輪郭が何重にもブレて見えます。これもまた不思議な光景です。やがて賑やかだった周囲の鳥や虫の音が消えて、静まり返っているのに気付きました。生き物たちも異変を察知しているようです。

下の写真は食の最大の前後、月の外側と太陽の内側が重なって月が太陽の中にすっぽり入っていきます。下の写真は金環食が始まり(第2接触)、終わる瞬間(第3接触)までの5分少々の中でのクライマックスの3枚です。黒い月が右上から左下へ移動していくのが分かります。

さいたま市は中心食線からややずれておりますが、金環食は月が太陽の中心を通り、食の最大ではまさにその名の通り、まさに「黄金のリング」のようにキラキラと輝いていました。カメラのファインダー越しのあまりに素晴らしい光景に言葉を失います。

----------------------------------------------

DSC_2211.JPG

DSC_2230.JPG

DSC_2246.JPG

いかがでしたでしょうか。わずかでもダイナミックで美しい瞬間を共有していただければ幸いです。

この後、太陽は時計を逆に進めるように元の明るさ徐々に取り戻し、平凡な日常の風景が戻ってきました。5月の日差しは重い機材を抱えていると、河川敷では汗ばむほどです。終わってみるとあっという間の半日でしたが、寝不足と朝から走り続けてきた疲れがなぜかとても心地よい気分にさせてくれています。一時ですが、小学生の懐かしい自分に帰った気がしました。

----------------------------------------------

文責:あいむ動物病院西船橋 病院長 井田 龍

診療時間

診療時間

年中無休
平日は朝8時から診療します
※年末年始・お盆は診療時間が短縮になります。
※水曜日、13時以降は手術・処置のため休診です。

047-402-3700(予約制)

※ご来院前にご予約をお願いしております。
※緊急の場合でもご来院前にご連絡ださい。

>メールでのご予約、お問い合わせについて

千葉県船橋市西船1-19-28 朝日ビル1階
無料駐車場13台
駐輪場9台併設
病院前に6台と隣接する7台の駐車スペースがあります

駐車場

あいむ動物病院 西船橋スタッフ