船橋、西船橋にある動物病院です   診療内容 犬、猫、フェレット、ウサギ、ハムスター。その他の動物についてはご相談ください

あいむ動物病院 西橋 あいむ動物病院 西橋 あいむ動物病院 西橋

Pet illness動物の病気

トレポネーマ症(ウサギ梅毒)

>>>トレポネーマ症(ウサギ梅毒)とは?

ヒト梅毒原因菌となる梅毒トレポネーマTreponema pallidum)の近縁のTreponema paraluiscuniculiによる感染により発症します。ウサギのトレポネーマ症はヒトと同様に交尾感染(性感染)が多いと考えられていますが、親から子供への垂直感染(母子感染)でも発症します。

また、病原菌保菌していても発症せず、キャリアとなる可能性のある不顕性(ふけんせい)感染となる場合もあります。
こうした症状が見られないウサギにおける抗体検査(後述)による陽性率が35%程度あるという報告もあり、ウサギの感染症としては決して珍しいものではないと考えられます。
トレポネーマ感染後ウサギ梅毒発症するか否かはウサギの免疫状態原因菌トレポネーマ病原性の強さによると考えられます。

ウサギのトレポネーマ症はヒトでの性感染症梅毒を引き起こす梅毒トレポネーマの仲間であるためにそれを想起させる「ウサギ梅毒」という恐ろしい別名がありますが、この病気は人獣共通感染症ではないため、同居のウサギ以外の動物や飼い主さんに感染することはありません。

ウサギのトレポネーマ症では外鼻孔(鼻の穴の周囲に発赤丘疹浮腫鱗屑(フケ)、痂皮(かさぶた)、皮膚糜爛(びらん)、潰瘍(かいよう)などがよく認められます
口唇
眼瞼(まぶた)、陰部肛門周囲など、体全体に症状が及んでいるように見える反面、体幹部(胴体)には病変が広がらないこと、皮膚病によくみられるような”痒み”がないことが他の皮膚疾患と異なる特徴です。

 

>>>トレポネーマ症の症状は?

症状口唇眼瞼(まぶた外陰部などの粘膜皮膚が接する粘膜皮膚移行部から病変を形成します。
初期には目の充血と浮腫(むくみ)がみられることが多く、やがて紅斑性丘疹が出現し、表面に痂皮を形成し、周囲には脱毛がみられることもあります。
下の写真は肛門の周囲(皮膚粘膜移行部)に発生した病変の写真で、痂疲鱗屑が見られています。

トレポネーマ3.JPG

左下写真は眼瞼病変に伴ってみられる眼脂(めやに)と流涙を示す写真です。(右隣の写真は治療後のものです。)

トレポネーマ2.JPG トレポネーマ治癒後.JPG

外鼻孔症状が出た場合は”くしゃみ”が認められることもあり、その場合はウサギでよくみられるスナッフルなどの上部呼吸器感染症と類似した症状がみられます。この”くしゃみ”はトレポネーマ症を治療することによって改善していきます。

左下の写真は外鼻孔からの鼻汁(鼻水)です。外鼻孔周囲の皮膚が糜爛(びらん)を起こしているのが観察されます。右隣は治療後の写真です。

トレボネーマ1.JPG トレボネーマ治癒後2.JPG

 

>>>トレポネーマ症の診断は?

ウサギのトレポネーマ症診断にはヒト用の梅毒検査に用いられるRPR(Rapid Plasma Reagain)テストキットをウサギで使用することができます。
この検査法抗体検査と呼ばれるもので、病気が疑われるうさぎの血清トレポネーマに対する抗体感染をすることで免疫反応によって体内で作られるタンパク質の一種)が存在するかどうかを簡便に調べるものです。(下の写真はRPRテストキットのイメージです)

RPR.png

ところが、抗体検査では疑わしい症状がみられても抗体検査陽性とならずに確定診断に至らないケースもあり、確定診断には至らないことがあります。また、保菌していても不顕性感染症状がない場合にはそもそも検査に至ることがありません。

以上の理由から特徴的な臨床症状によりトレポネーマ症であると疑われる場合には、抗体検査を省いて治療による改善をもって診断とするような治療的診断が行われることもしばしばです。

 

>>>トレポネーマ症の治療は?

ウサギのトレポネーマ症の多くの例では抗菌薬としてクロラムフェニコール第一選択薬とします。通常1~2週間で症状が改善していきますが、そこで休薬すると再発することが多いため、病変が消えたあとも最低2週間は治療を継続します。

ヒトの梅毒と同様に抗生物質ペニシリン系薬物も有効とされていますが、その副作用によりウサギのデリケートな腸内細菌のバランス、腸内細菌叢(そう)が乱れてしまう可能性があるため、多くの場合はクロラムフェニコールを用いて治療が行われます。

ウサギのトレポネーマ症治療後不顕性感染となり、後に再発するケースもあるため、一旦発症したウサギは交配には用いずに、可能であれば不妊・去勢手術を行うべきかもしれません。

----------------------------------------------

文責: あいむ動物病院西船橋 宮田 知花

2018.08.14

診療時間

診療時間

年中無休
平日は朝8時から診療します
※年末年始・お盆は診療時間が短縮になります。
※水曜日、13時以降は手術・処置のため休診です。

047-402-3700(予約制)

※ご来院前にご予約をお願いしております。
※緊急の場合でもご来院前にご連絡ださい。

>メールでのご予約、お問い合わせについて

千葉県船橋市西船1-19-28 朝日ビル1階
無料駐車場13台
駐輪場9台併設
病院前に6台と隣接する7台の駐車スペースがあります

駐車場

あいむ動物病院 西船橋スタッフ