船橋、西船橋にある動物病院です   診療内容 犬、猫、フェレット、ウサギ、ハムスター。その他の動物についてはご相談ください

あいむ動物病院 西橋 あいむ動物病院 西橋 あいむ動物病院 西橋

Pet illness動物の病気

乳腺腫瘍

>>>ウサギの乳腺腫瘍とは?

ウサギでの乳腺腫瘍嚢胞(のうほう)性乳腺炎から進行して起きることが多いといわれています。こういった乳腺嚢胞状の病変をつくる、炎症を伴う乳腺嚢胞乳腺腫瘍のリスク因子となる可能性があります。
また、細菌感染を受けて炎症を起こしている乳腺腫瘍乳腺炎が悪化して皮膚が自壊するなど、しばしば重症化した乳腺炎との区別が見た目では難しい場合があります。

ー>乳腺嚢胞について

->乳腺炎について

 

>>>乳腺腫瘍の症状とは?

乳腺腫大(腫れ)を伴うような塊状の腫瘤が見られます。腫瘍が大きくなってきたり、ウサギ自身が気にしてこすったりすることによって表面の皮膚自壊してクレーター状の潰瘍(かいよう)をつくっていることがあります。

乳腺腫瘍腺癌(がん)など、悪性腫瘍である場合には周囲の乳腺リンパ節腋下リンパ節などに転移を起こすことがあります。乳腺がんに転移した場合、ウサギは胸郭(きょうかく、心臓を入れている空間)が狭く、もともと呼吸にあまり余力がないため、呼吸状態が急速に悪化しがちです。

 

>>>乳腺腫瘍の診断は?

乳腺に何らかの腫瘤の塊や腫れがみられた場合には乳腺炎乳腺嚢胞乳腺腫瘍を区別するために針生検による細胞診が行われます。細胞診は診断の上でのあいまいさを含むため、腫瘍が疑われる場合には摘出を行った後の病理検査で最終的な診断を行います。

 

>>>乳腺腫瘍の治療は?

乳腺腫瘍の摘出は腫瘍本体だけではなくその周囲の正常な乳腺に対して最小にして充分なサージカルマージンを確保するよう行います。腋下リンパ節乳腺リンパ節など周囲のリンパ節は疑わしい場合には摘出します。卵巣子宮摘出術不妊手術)は可能であれば同時に実施したほうがいいと考えられます。

----------------------------------------------

文責:あいむ動物病院西船橋 病院長 井田 龍

 

2016.03.06

診療時間

診療時間

年中無休
平日は朝8時から診療します
※年末年始・お盆は診療時間が短縮になります。
※水曜日、13時以降は手術・処置のため休診です。

047-402-3700(予約制)

※ご来院前にご予約をお願いしております。
※緊急の場合でもご来院前にご連絡ださい。

>メールでのご予約、お問い合わせについて

千葉県船橋市西船1-19-28 朝日ビル1階
無料駐車場13台
駐輪場9台併設
病院前に6台と隣接する7台の駐車スペースがあります

駐車場

あいむ動物病院 西船橋スタッフ